inserted by FC2 system


15

 高校三年に上がり、クラス替えが行われた。進学組と就職組、理系と文系に別れた。過去につるんでいた七人とは全て分かれ、清香は富山と同じクラスになった。
 隣のクラスになった優斗は、時々教室に顔を出し、富山の顔を見に来ているくせに、富山の所には行かず清香の席に来る。思いの外照れ屋なのだなと思うと、優斗を応援してやらなければと使命感にかられ、富山に優斗を推す。
「ねぇ、優斗の事はどうなってんの。もうちょっと時間くれーって言ったままじゃん。優斗、毎日とみーの顔見に来てるのに」
 富山は少し吹き出すのを我慢して身体を震わせ、我慢しきれなくなった所でぶわっと笑った。
「清香って鈍いねー。町田君が本気で私に惚れてると思ってんの?」
 鈍いという言葉に頭を殴られたような気がして「何だとー」と言い返す。
「町田君は、あ、これ内緒ね。町田君は、私に告白するという名目で私に近づいて実は、清香が部活では元気にやってるか、とか、クラスではこんな風なんだけど、フォローしてやってよ、とか、そう言う話をしにきたのだよ。ほら、清香色々あったじゃん」
 もう一度ハンマーで殴られたような衝撃を受ける。今度は異質だ。優斗は本気で富山に気があるのだと思い込んでいた。全ては清香のための行動だったなんて、思いも寄らなかったのだ。
「知らなかったんだ?」
「知らなかったよ、そりゃ。だってとみーがタイプなんだって言ってたんだもん」
 あいつ後でフルボッコ、と呟くと「内緒って言ったでしょ!」と釘を刺され、仕方なく清香は頷く。
 そうなると、今でもこの教室に顔を出すのは、自分を心配しての事なのか? と疑問がわく。嬉しい反面、いつまでも守られていてはいけないという思いもあり、双方が交錯する。

 体育は男女別二クラスの合同で行われる。清香のクラスは、咲のクラスと合同で、何とも気が進まない合同体育だ。清香は毎週この時間が憂鬱で仕方がない。
 この日の種目はバスケットボールだった。積極的にボールを拾いに行く富山に対し、清香はいつも通り、コートの隅っこをほっつき歩いて、教師に「真面目にやれ」と指を指される。富山は何でも全力で立ち向かうタイプの典型で、その性格が買われて今はバレー部の主将を担っている。
 富山のチームがコートに入って行き、清香はコートサイドに座って休憩をしていた。もう汗ばむ季節になっているけれど、手に持つタオルの必要がないぐらい、清香は動いていなかった。
 隣に、人影が近づき、そこに腰を下ろす。見ると、咲だった。清香は思わず目を見開く。
「何か、超久しぶりじゃない? 清香と喋るの」
 清香は煙たそうな顔で「はぁ」と声を漏らす。相変わらず「超」の発音が耳障りで耳を塞ぎたくなる。咲は上機嫌の様子で清香の顔を覗き込むと言った。
「あのさ、色々あったけど、仲直りしようと思ってるの。仲直り、して?」
 首を傾げ、口には笑みすら浮かべている。咲の思いを滅茶苦茶にしてやりたかった。清香の胸の中にはどす黒いものが渦巻いていた。
「無理」
 きっぱりと言いきった清香は、ボールの行方を目で追いながら、咲がその場から離れるのを待った。
「え、何で?」
 至近距離からの強い視線を感じる。理由まで言わなければいけないのかと大袈裟に溜め息を吐き、「あのさ」と切り出す。
「教科書を池に落とされたり、名前を伏せて陰口を言われたりした事が、ある? どんな気持ちか分かる? 弱い子だったら登校拒否するかも知れないし、自殺するかもよ。自分がやった事がどんなに酷い事だったか、もう少し考えてみたらいいと思うよ。そしたら、こんなに軽い感じで謝れないから」
 ひんやりとした床に手をついてその場から立ち上がり、コートの反対側に退避した。同じ空間にいたくなかった。近くで呼吸をしていたくなかった。そこまで拒絶する自分に、清香自身も驚いた。コートを挟んで対面した咲は、明らかに顔を赤らめ、それは怒りによるものであろう事は容易に想像できる。自分の思い通りに行かない事には怒りで反応。まるで子供だ。

「清香さん」
 教室で肩をぽんと叩かれ、「その声は優斗」と後ろを向くと、ニヤニヤとした笑みを浮かべながら優斗が立っている。清香の前の席に腰掛けてこちらへ向くと「最近どうすか」とやにわに言いだす。
 そう言えば、と優斗に訊こうと思っていた事を思い返す。
「ねぇ、中学の時にさ、どうやって周りと仲直りしたの?」
 一瞬顔を固くした優斗だったけれど、すぐに緩み、「何となく、が多かったかもな」と言う。
「何となく、か。謝られたりはした?」
「したよ。何度か」
「許した?」
 キョトンとした目で清香を見遣り「当たり前じゃん、仕返し怖えぇもん」と数回、瞬きをする。
「さっき体育の時、咲に謝られたんだけど、無理って言っちゃった」
 優斗は金髪をぽりぽりと掻きながら「らしいっちゃらしいけどよぉ」と諦観したような顔つきをする。
「男はそうでもないけど、女はしつこいじゃん。また標的にされたら、どうすんの」
 そうだよねぇ、とぼんやり視線を宙に向けていると、優斗が口を開く。
「まぁ困った事があったら俺様に相談する事だな。一応、顔利くし。川辺達とも話せるからさ」
 視線を優斗に戻し「あんた、ほんっとに優しいんだねー」と長いため息みたいに言うと、優斗は目を伏せて少し大人びた笑い方をし、何も言わずに教室を出て行った。

 富山と並んで後輩を引き連れ、学内をランニングしていた時だった。
 昇降口の辺りに二年生の不良が数人座っているのが見えた。嫌な予感がするが、そこを通らないわけにはいかない。
「おい、お前」
 向けられた視線の先が自分だと瞬時に分かり、足を止める。他の部員もそれに釣られて足を止めた。声を掛けてきたのが二年の生徒だという事が分かると、一年生は如実に後ずさりをする。
「何」
 訝し気な顔で睨みつける清香に向かい、一人が立ち上がって虚勢を張った。
「てめぇ、川辺さんになめた口きいてんじゃねぇぞ、ボコるぞ」
 無視して走り出そうとした刹那に「清香!」と声がして、そちらに顔を向けた瞬間、何かが顔面を直撃した。大きさの割に重さがないそれは、鞄だった。
「ちょっとそれ、持ってて」
 優斗がその場にしゃがみ、靴ひもを直している。靴ひもが解けていた訳ではないのは何となく分かっている。下級生の不良どもに絡まれている清香を見つけたから、助けにきたのだという事が明白過ぎて、胸の奥が苦しくなる。
 足元から顔を上げ、二年の不良が座る所へつかつかと歩いて行った優斗は、その中の一人の胸ぐらを掴み「あの人は俺の大事なお友達なの」と子供に言い聞かせるように言う。
「川辺が何て言ったか知らねぇけど、俺と雅樹にボコられたくなかったら、あの人には手を出さない事。意地悪しない事。分かりましたか」
 うっす、と低い声が響くのを聞いて富山が「清香、行こう」と言う。清香は「一周パス」と言って隊列から抜け、優斗のワイシャツのまくり上げられた袖を掴むと、少し離れた所に引っ張って行った。
「放っておいていいのに、咲達と優斗達が一悶着あったらどうすんの」
 肩の辺りをバシッと叩くと、優斗は鞄を肩に掛けて「関係ない」と放った。
「あいつらがやってる事は嫌がらせだ。俺はヤンキーかもしんねぇけど、あいつらみたいに人にいやがらせはしない。雅樹もそうだし。あんなのは女の腐ったような奴がやる事だぞ」
 強い調子で言ったと思えば「な」と笑顔を見せる。清香は眉根を寄せ「うん」と困ったような笑みを浮かべる。
「何でそんなに優しいかなぁ。私の事なんて放っておいていいよ。もう誰の事も怖くないし、実際あの二年坊主が私の事をボコるなんて思ってないし、もう大丈夫だよ、気を遣ってくれなくても」
 それまでに見せていた笑顔を少しずつ曇らせて、清香が話し終わる頃には完全に俯いてしまった優斗は、そのまま黙ってしまった。
「優斗?」
 顔を覗き込むように声を掛けると、優斗の口からはあまり聞かないくぐもった声が聞こえる。
「優しい、優しいって、清香は鈍感なんだよ」
「へ?」
「優しいだけで、困ってる人がいるからって、休み時間の度に隣の教室に行ったりすると思うか? そんな事してたら身がモタねぇよ。便利屋じゃねぇんだから。俺が優しくしてんのは、あんた一人なんだよ。あんたに会いたくて教室まで行ってんの」
 そう言うと鞄を乱暴に背中に乗せて、門に向かって歩いて行った。

 鈍感だ。私は鈍感だった。初めから優しかった優斗は、優しいのが基本形なのだと当たり前の事のように思っていた。皆に優しい優斗なのだと信じて疑わなかった。自分にだけ特別に優しさを向けているなんて、そんなおごった気持ちは持っていなかった。
 清香の事を守るために頻繁に清香の教室に顔を出していた事は、自分に向けられた「特別」なのだと今更気付く。富山に様子を聞いていた事も「特別」だったのだと。胸の奥がずんと痛み、立っていられなくなる。
 否、目を背けていただけなのかも知れない。優斗の「特別」を認めてしまったら、彼に依存し離れられなくなる自分が怖かった。だから見て見ぬフリをした。このまま距離感を縮めなければ、関係にひびが入る事などないと、差し伸べられた手を無意識に振り払っていたのだ。押し隠していた感情が、溢れ出る。
 その場にしゃがみ込み、流れてくる涙を抑えようと必死でTシャツに押し付ける。遠ざかって行く白い背中が涙で滲み、そのうち見えなくなる。
「清香?」
 先に回ってて、と後輩に声を掛け、しゃがみ込む清香の背中を擦りながら富山は「何かされた?」と気遣いを見せる。
「優しくされた」
「へ?」
 素っ頓狂な声に、清香は泣きながら笑い、「私って鈍感だよね」と言って立ち上がり、涙を拭きながら後輩達を追って走り出した。


web拍手 by FC2