inserted by FC2 system


15

 廊下から足音が近づいて来た。浩輔だった。まだ涙目のままの泉を見て苦笑した。
「高橋先生に話をして、今日は泉ちゃんの体調が悪いから、送って行きますって言っておいた。郁ちゃんにも言っておいたから」
 だから帰ろう、と画鋲の入った箱を教壇に置くと、泉の手を引き、机に誘導した。泉はゆっくりと自分の鞄を手に取り、肩に掛けた。溢れる涙をハンカチで押さえながら、とぼとぼと歩きだす。
 初秋の冷たさを含んだ風が、泉のポニーテールを揺らす。時々彼女の横顔を見ながら、浩輔はこれで良かったのかと考えた。すべてを知りたいと言った彼女に、全てを話して良かったのだろうか。彼女の中に、彼女には必要のなかった葛藤を生み出してしまっているのではないか。止まる気配を見せない彼女の涙に、そんな事を考える。無言のまま、駅に着いた。

 ホームに立っていると、少し気分が落ち着いて来たのか、泉は鼻をすする事がなくなった。相変わらずハンカチで時々目を押さえているが、浩輔は少し胸を撫で下ろす。
 電車が右奥から走ってくるのが見えた。向かい側のホームには、回送電車が猛スピードで通過していく。
「あ」
 一瞬の事だった。彼女の手から回送電車が生み出す風に乗ってハンカチが飛ばされた。それに気づいた浩輔が手を伸ばした時、ホームに入ってきた列車の前部に浩輔の頭と肩がぶつかった。浩輔は跳ね飛ばされ、数メートル先に転がった。
「こう君!」
 ホームにいた人間が騒然として見ている。走って浩輔の元に行くと、うつ伏せの彼はハンカチを握ったまま倒れていた。血が流れている。背中を見ると、呼吸をしている事が分かった。
 駅員が駆けつけ、状況を確認すると「今救急車呼ぶから、君、ここにいてくれる?」と駅員に言われた泉は、震える声で「はい」と答えた。もしかしたら駅員には声が聞こえなかったかも知れない。別の駅員が走ってきて、泉の横に立っている。
「あ、生きてた」
 急に聞こえた浩輔の声に「へ?」と突拍子もない声をあげた泉は「大丈夫? 今救急車来るから」と顔を覗き込むようにして言った。駅員は階段の下に向かって「意識あったぞ!」と叫んだ。停車したまま動かない列車からは、乗客が顔をだし、口々に何かを言っている。
「はい、これ」
 浩輔の手に握られたままだったハンカチを、泉に手渡す。
「こんなの、飛ばされても良かったのに......」
 ハンカチに刺繍された、少しいびつな「IZUMI」の文字を指でなぞった。
「手縫いで刺繍してるハンカチなんて、大事なハンカチなんでしょ」
 うつぶせのままで「イテテ」と言いながら浩輔はキョロキョロと周りを見渡した。救急隊が担架を持って階段を上ってきたのはその時だった。

「どうぞ、もう中に入っていいですよ」
 処置室のドアが開いた。施設から来た女性と、学校から駆け付けた高橋が先に入室し、泉は廊下の横長のベンチに腰かけて待っていた。四角い窓から、先生たちと、額にガーゼをあてた浩輔が何か話をしているのが見える。
 ずっと握っていたハンカチに目を落とす。本当にいびつな刺繍。それでも五枚もあるんだから、一枚ぐらいなくなっても、良かったのに。刺繍だけじゃない。縁取りもいびつだ。病院のベッドで「やる事が無い」と、母に頼んで布を買ってきてもらい、私の分と弟の分、合わせて十枚ものハンカチを縫い上げた、妹。
「泉、お前も入れ。先生は部活に戻るから、後の事は坂巻さんに任せたから」
 じゃ、お願いします、と高橋は坂巻という女性に頭を下げて、救急搬送口から出て行った。
「坂巻です。彼の施設の施設長をやってます」
 どうも、と挨拶をした。とても穏やかな雰囲気の女性だった。泉は「入ってもいいですか?」と断りを入れてから処置室に入った。坂巻と言う女性は廊下のベンチに座った。浩輔が右手をあげる。泉はうまく笑えないまま横にあった丸椅子に腰かけた。
「脳には残念ながら異常が見つからなかったみたい」
 彼が少しふざけた口調で言うので、泉は思わず吹き出した。「残念だったね」と言うと「そうだね」と、とても遠い所を見るような目つきで四角い天井を見上げる。
「そのハンカチ、誰が作ってくれたの?」
 握りしめたままのチェックのハンカチを浩輔に手渡した。
「縫い目が全部、めためたでしょ。刺繍だけじゃなくって。これね、妹が縫ったの」
「弟さんの他にも妹さんもいるの?」
 泉は居眠りをするようにこくりと頷いた。「家にはいないんだけどね」
 へ? と気の抜けたような応答をする浩輔に「入院してるの、ずっと」と告げた。
「多発性骨髄腫っていう病気で、長い事入退院を繰り返してるんだ。ここんところ調子が悪くてかなり長く入院してる」
 そんな事を今までおくびにもださなかった泉を責めてやりたいぐらい、浩輔は驚いていた。
「治りそうなの?」
 その病気に関して全く知識が無い浩輔は、それぐらいしか質問できなかった。泉は少し目を伏せて、口元だけに笑みを浮かべた。
「きっと長くはないんだと思う。それでも必死で、生きてるよ。痛い治療も苦しい治療も受けてさ。げぇげぇ吐いたり髪の毛抜けたり。お母さんは毎日朝から晩まで病院に張り付いてて」
 だから弁当は自分で作っているのか、と浩輔は納得がいった。
「命の交換、できたらいいのにな」
 遠い目をしたままそう呟く浩輔をじっと見つめる。処置室にある機械が忙しなく音を発している。
「俺みたいな汚れた命でも、誰かを助ける事が出来るなら、洗って、差し出したいな」
 掛布団から出された彼の右手を、泉はぎゅっと握った。泉の手の冷たさに一瞬、浩輔はたじろいだ。
「命の重さはみんな平等。綺麗も汚いも無い。与えられた分、一生懸命に生きなきゃ」
 泉は握った手に力を込める。浩輔も強く握り返す。自分の熱が泉に早く伝わるよう、ぎゅっと握る。冷たいこの手を、早く温かくしてあげたい。
「俺、この人のためなら死んでもいいって、飛んでいくハンカチを見て初めて思ったよ」
 泉の心臓の鼓動が早鐘を打つ。それが相手に伝わらない様に、何か言わねばと言葉を探す。それでも言葉を重ねたのは浩輔だった。
「だけど生きてた。人ってそう簡単に死なないんだ。それは小さい時に経験してるんだけどね。大事にしろって事なのかな、命」
 看護師が行き来する様を暫く見ていた。人の命を救うために働く人達。人の命を奪っておきながら、自分のために死ねると言った浩輔。生きたいと願う、妹。願う幸せは違っても、みんな幸せを求めているのは同じだ。
「みんなに優しくしてるこう君も、コートで跳ねてるこう君も、パン齧ってるこう君も、全部を吐き出してくれたこう君も、私は全部好きなんだ」
 血色の悪い浩輔の顔に、朱がさす。泉にはこれだけでも十分だった。
「幸せになろうよ、こう君。人に優しくしながら、自分も幸せになれる道、探そうよ。私、協力するから」
 浩輔は笑みを浮かべて泉を見た。その瞳には、きちんと心が映っていた。人間みと温かみを備えた、素敵な笑顔だった。
「こうやって、泉ちゃんが手を握っててくれるだけでも俺は、随分と幸せに感じてるんだけどね。これ以上欲張ったら罰があたりそうで怖いな」
 坂巻という女性から声が掛かるまで、しばらく手を握りしめていた。